病気

フリーラジカルは老化の原因になるものです。その発生を軽減することができれば、老化のスピードを遅くすることが可能です。また、病気にかかりにくい体を作ることもできます。

Read more...

不対電子

不対電子を持つフリーラジカルはとても不安定です。そのため、他の分子へ影響を及ぼし安定しようとします。そうなると、体調が不調になり病気にかかりやすい体になってしまいます。

Read more...

サプリメント

免疫力を上げるためには、フリーラジカルを抑制する成分を持つサプリメントを摂取するとよいでしょう。こうしたサプリメンを摂れば、老化減少の働きももたらし、健康な体づくりに活かされます。

Read more...

病気の原因

フリーラジカルとは、脳梗塞などの病気で脳が障害を受けた時に、細胞から放出される活性因子のことです。
フリーラジカルによって、脳梗塞の症状が余計に広がる事が分かっています。
フリーラジカルが発生するのは温床の時です。脳にフリーラジカルが起こりやすいのは、温床だからともいわれています。
また、脳細胞は血液と酸素の供給を常に必要としている部分です。血液と酸素が豊富にあることから、フリーラジカルの生成量も増えてしまいます。
脳の半分は脂肪でできているので、酸化しやすいのもフリーラジカルが起こる原因だといわれています。

フリーラジカルはガンを併発するといわれています。
年齡とともにガンになる可能性は高くなるのですが、それにはフリーラジカルが関与しています。
フリーラジカルを消去する体内の働きが、年齡が高くなるに連れて衰えてくることが原因です。
若い頃は、体内でフリーラジカルを防御する働きがあります。しかし、加齢とともにその秒魚機能が衰えてしまうのです。
若いころと比べて風邪を引きやすくなったり、様々な病気にかかったりするのは、フリーラジカルの防御機能が低下しているためだともいえます。
年齡とともに、生体の酸化障害や新陳代謝の衰えも起こります。
このようなことから、フリーラジカルの発生を抑えることが出来れば、老化のスピードも遅くなり、病気にかかりにくい体になることも分かっています。
フリーラジカルの害を抑えこむことが出来れば、ガンのような重い病気も発症せずに済みます。

注目の記事


オススメリンク


糖尿病講座 流れて良くなる.com

体調を整えるためには食事の内容を改善する必要があります。血糖値の基準値を知りたい方はこちらに注目してみましょう!